オオバタチツボスミレ

2007年03月27日


22g060617-180109obatachitsubosumire.jpg

スミレの花、咲く頃‥‥は宝塚の軽やかな歌ですが、スミレの花は種類がとても多くて図鑑と首っ引きになっても首をかしげたくなり、軽やかといきません。

このオオバタチツボスミレも花と葉の特徴からきっとオオバタチツボスミレ、おそらくオオバタチツボスミレ、いやいや多分オオバタチツボスミレ、頼むからオオバタチツボスミレとなり、段々と元気がなくなってきます。

でも、元気がなくなってきても何とか手がかりを得て名前を特定したいとなりだすと止まらなくなります。いつしか夜は更けて、目がしょぼしょぼしてくることが良くあるのです。

 

22h060617-180150obatachitsubosumire.jpg

これもオオバタチツボスミレの花です

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得