シロバナイカリソウ

2007年04月23日


070414w0604270016shirobanaikarisou.jpg

シロバナイカリソウ:食(若芽)

木陰になる斜面を好みます。イカリソウとは、花の形が船の碇のようであることから来た名前です。花の色で名前が違い、紅紫がイカリソウ、黄色はキバナイカリソウ、そしてこのシロバナイカリソウです。雰囲気はしっかりと碇を下ろすのではなく、ミニチュアの碇が、クリスマスツリーのようにぶら下がっている感じです。

葉が開く前の若い芽と花を食べるとされていますが、まだ実行していません。私の山菜探しの旅は中学生のころから続いているのですが、未だに歩き続けていて碇を下ろす時を迎えていません。

 

070414x0604270014shirobanaikarisou.jpg

可憐な花です。左手には食用のキバナアキギリがいます。

 

070421y0704170022shirobanaikariso.jpg

雨降りの後なので碇が光っています。

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得