キナメツムタケ

2007年09月14日


070910m0610220035kinametsumutake.jpg

キナメツムタケ:食

キナメツムタケは、最近よく採れるようになりました。倒れてから年数がかなり経過した木や切り株、腐敗した枝が埋もれている地面などに群生します。状態が良いときれいな黄色と湿っているときのヌメリが艶やかで、見るからに美味しそうです。ただ、成長も早いのですぐに傘が割れたりして、きのこ好きの虫が入り込み、傷みやすいのが特徴です。これは競争ですから、虫よりも早く状態の良いキナメツムタケを見つける「きのこ目」をきたえることです。

味は素晴らしく、ダシも出ます。色々なきのこを混ぜてのきのこ鍋、味噌汁、大根おろし和え、煮物など様々な料理に使えます。洗い終わったきのこを塩水に漬けると虫は逃げ出していきます。15~20分程度漬け、洗い流せば虫だしは終了です。

 

070910n0610220038kinametsumutake.jpg

 

070909a0610260030kinametsumutake.jpg

 

070909b0610260029kinametsumutake.jpg

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得