キクラゲ

2007年09月14日


070910w0610250030kikurage.jpg

キクラゲ:食

 

中華料理でおなじみのキクラゲです。このときのものは天然乾燥が進んでいましたが、水で戻すとうんと膨らみます。キクラゲは高い山、低い里山、かかわらずに発生します。どちらかと言うとあまり大きくない枯れ木で見かけますが、大木にも生えます。冬の森を歩くスキーでハイキングしていても見つけます。

天然乾燥ものは採りやすく、水で戻したときのコリコリ感が優れています。反面乾燥していないものの方が採取しづらく、びくの中でぐちゃぐちゃになりますが、洗って料理すると柔らかさが又良いので、どっちもどっちです。

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得