バッコヤナギ(冬芽)

2008年02月10日


0801250019-1battkoyanagi.jpg

バッコヤナギは、別名ヤマネコヤナギと言うそうです。由来は知りませんが、面白いネーミングですから調べてみなければ。日当たりのよいところ、林道沿いなどで見かけることが多く、ふっくらと膨らんだ冬芽が、赤い色から黄色い色へ変化する様子は春がやって来る雰囲気そのものです。

 

0801250020-1battkoyanagi.jpg

雪をかぶった枝と勢いの良い赤い色の冬芽、新しい枝の黄緑色が鮮やかです。

 

0801250018-1battkoyanagi.jpg

分岐した枝先の様子です。

 

0605050043-1bakkoyanagi.jpg

山菜シーズンに入ったころのバッコヤナギの雄花序です。大分大きくなりました。日当たりが良い、乾燥した場所を好みます。

 

0704150003-1bakkoyanagi.jpg

あちらこちらへ飛び跳ねだして、収拾がつきません。でも楽しそう。

 

0704150009-1bakkoyanagi.jpg

先端の雄花序はやや青とグレーがかっています。

 

0704150013-1bakkoyanagi.jpg

そのアップです。

 

0704150007-1bakkoyanagi.jpg

この状態では青が強いようです。

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得