ヤマブドウ(冬芽)

2008年02月15日


0801300047-2yamabudo.jpg

ヤマブドウの冬の様子です。ごちゃごちゃに絡まった巻きひげがあります。ヤマブドウはどうやって木に絡まっていくのか、不思議に思っていました。ものすごい高い木からよくぶら下がっているからです。太いつるが直接絡まるものだと思っていたら、なんのなんの、巻きひげで登っていくのだそうです。
私は、秋にヤマブドウの実を採るのが楽しみです。たわわに実っていると興奮してしまい、実を採りやすいように高い木の枝から引きずり下ろしたりしていますが、その時はどうやってつるが登ったのかなど考えることもなく、ひたすら採ることに専念していたわけで、つくづく熊と近い生態であるといまさら自問しています。

 

0801300057-2yamabudo.jpg

ヤマブドウの冬芽が、左のほうにちょこんと出ています。雪が解けると冬芽が成長し、ピンクの鮮やかな新芽になっていきます。そして新芽は山菜として食用になり、天ぷらにするとちょっぴり酸っぱい独特の味を楽しむことが出来ます。
ヤマブドウは、蔓(つる)の表面が縦に裂けるのが特徴です。

 

0801300058-2yamabudo.jpg

ヤマブドウの冬芽がツンと上を向いています。

 

0802020045-1yamabudo.jpg

ヤマブドウの蔓が木に絡まり、暴れまくっています。この暴れまくりようが巻きひげで行われたなんて、想像がつきません。今後もっと巻きひげの様子を観察しようと思います。

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得