ダケカンバ(冬芽)

2008年02月15日


0802020012-2dakekanba.jpg

ダケカンバの樹形です。カバノキ科には似たような樹木としてシラカンバ(シラカバ)、ウダイカンバなどがあります。雪景色の中で樹皮が白い、白っぽく見える木を発見すると、ついシラカバだと一緒くたにしてしまいたくなります。よく観察してみると、ダケカンバの樹皮は、赤褐色か灰褐色です。そして横に薄く紙状にはがれます。シラカンバの樹皮は真っ白で、ウダイカンバは橙灰色か灰白色です。
私はこの辺りでは、ダケカンバは1,500m以上の標高の高いところに生えるものとの先入観がありましたが、実はもっと低いところにもいっぱいありました。

 

0802020028-2dakekanba.jpg

ダケカンバの樹皮です。薄く紙状にはがれたあとは赤褐色で、たくさんの横線模様がいています。木が高くて冬芽が撮影できませんでしたが、今度は低い木をねらいます。

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得