コハウチワカエデ(冬芽)

2008年02月15日


0802020102-2kohauchiwakaede.jpg

コハウチワカエデの冬芽だと思います。何であるかを特定しようと、机にたくさん広げた図鑑のカエデ科のページを何度も行ったり来たりしました。山で撮影するときに良く観察し、本をめくれると良いのですが、雪が降っていたり、歩みを先に進めなければいけなかったりと、まあ、思うに任せないものです。
後日、同じところへ行ったときに再度じっくりと見る、と言う手は良く使います。カメラをマクロモードにして被写体に近づきすぎてしまい、ピンボケと言う情けないときもままあるので、同じ木に再挑戦する機会?は珍しくありません。

 

0802020103-2kohauchiwakaede.jpg

コハウチワカエデという木があるなんて、冬芽を調べていて初めて知りました。カエデ科に20数種類もあるなんて、マア、何とも種類が多いんですね。娘の名前を「楓」とつけた当人としては、全く調査などしなかったのがバレバレです。

 

0802020106-2kohauchiwakaede.jpg

コハウチワカエデの樹皮です。

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得