エノキタケ

2008年05月15日


0805110124enokitake.jpg

エノキタケ:食

美しいエノキタケを発見しました。時は2008年5月11日、まだ残雪の多い山中でした。本当はフキノトウを採りに行ったのですが、まだ雪が多くて目指す獲物はぼちぼち。でも、こんなに立派なエノキタケが見つかったのでしたから喜びましたね。

笠とひだがしっかりしているし、色もきれい、何よりきのこが束になっているから見ごたえが十分です。これまで見つけてきたエノキは、笠とひだにしみが付いているのばかりでしたので、しばらくの間感心して見つめていました。

普段スーパーで買うエノキタケは細長くてひょろひょろですね。太陽を浴びせないで抑制栽培しているからですが、自然界では違います。笠が大きくなり、きのこきのこした姿になります。

 

0805110076enokitake.jpg

 

まだ辺りはこんなに雪がありました。雪が解けたところにある古い枯れ木にエノキタケが生えていました。

 

0805110084enokitake.jpg

喜んでいる私。キノコの大きさと顔の大きさを見比べてみてください。

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得