リョウブ

2008年08月20日


070422t0704220065ryoubu.jpg

リョウブ:食(若芽)

林の中、斜面、林道脇などに生えます。光がよく当たるところ、半分程度当たるところのどちらにも生えます。樹皮の模様がダンダラと言うか独特ですから、一度覚えると忘れません。新芽を摘んで天ぷら、ゆでてアクを抜き、和え物などに使います。ゆでた後に塩を振り、ご飯に炊き込むと一風変わったご飯になります。

 

070422u0704220069ryoubu.jpg

樹皮の模様が独特です。

 

070422v0704220066ryoubu.jpg

先で開いた新芽ごと摘みます。

 

070502b0705020032ryobu.jpg

雨にぬれた葉が輝いていました。

 

070502c0705020034ryobu.jpg

葉がトロフィーのような形をしているときの若芽が一番美味しいと思います。葉は成長するに従い、段々平らになっていきます。

 

070503i0705030048ryobu.jpg

このくらい太いと老木の部類でしょうか。貴方こそリョウブ中のリョウブです、と言ってあげたいぐらい美しい木肌です。

 

080820-0708270036ryobu.jpg

秋に実がなっている様子です。

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得