マツヨイグサ(オオマツヨイグサ・月見草)

2008年08月20日


070404c0605230122omatsuyoigusa.jpg

マツヨイグサ:食(ロゼット状の根生葉、花)

日当たりの良いところにすっくと立ち上がり、花は夕方から咲き始めて、翌朝日が昇り始めるとしぼむことから、別名の月見草が知られています。細かくはアレチマツヨイグサ、メマツヨイグサ、オオマツヨイグサと分類されるようですが、ここではマツヨイグサとしました。越冬して根から葉がそのまま出てきて張り付いた形のロゼットはおひたし、和え物など、花は和え物や天ぷらに合います。

 

080820-0709010022matsuyoigusa.jpg

秋、花の咲いている様子です。花の天ぷらは甘味もあって絶品です。

 

080820-0709010024matsuyoigusa.jpg

 

同じ花のロングの様子です。

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得