アシグロタケ

2008年08月26日


080826-0709220034ashigurotake.jpg

アシグロタケ

この方に対しては、親しみをこめて”アシグロクン”と呼んでいます。とても硬い繊維質で、噛むことも、引きちぎることも難しいくらいですが、その名前のとおり足もとが黒色なので覚えやすいきのこの一つです。木が倒れてから3~4年後くらいに出てくることが多く、比較的早くに登場するキノコです。
一説では、ダシをとるのには良いキノコですとも言われていますが、まだ試していません。どうも採るのに夢中になってしまい、試していないことだらけなのが私の難点でしょうか。

 

080826-0709220039ashigurotake.jpg

ひだはスベスベの真っ白です。笠は大きくなると、一つで直径20cmくらいまでにもなります。

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得