仏ヶ峯温泉(寸分道温泉)※すぶんどう

2009年01月07日


0805190000-1.jpg

寸分道と書いて、すぶんどうと読む。読めない!そもそもここへ向かうことになったきっかけは、近所の知り合いから「面白い温泉があるわよ」と、聞いたからなのでした。
夏が過ぎ、暇になったのでみんなで遊びに行こう、海がいい、温泉も行こう、行ったことのないところへ!とあいなりまして、妙高市の国道18号線から山へどんどん分け入ったのでした。道は段々に細くなり、車一台がやっと通れるくらいのところもあって、本当にこれでいいのかな?と心配しながら上がると、正に過疎の集落に突き当りました。
どれが温泉の建物だろう?あっちへ行き、こっちへ行きしてやっと見つけました。浴室は一つで、男女交代で入ることになりました。加熱ですが、ほんのり硫黄臭がし、肌がすぐにすべすべになりました。これはつるつる温泉だ、と喜びましたね。だいぶ前に入った、北海道のつるつる温泉を思い出したりしながら、窓から外を見ると下界が広がり、実にここは山奥であると実感しました。
1キロメートルくらい先の山から温泉(冷泉)を引いていると、おばさんは言っていました。和室で休憩し、漬物やお菓子を食べながらいろいろと話を聞きました。今は3世帯しかこの集落には人がいないそうです。雪は深いけれど、それでも除雪するので里へは出られるとのことです。ここは都会の喧騒に疲れた人にはうってつけです。何もありません。山里、それも消え入りそうな山里です。山菜をつまみ、ごろんとして、つるつる温泉につかる。いいものですよ。
泉質:含硫黄ナトリウム塩化物泉、料金:300円、営業時間:10:00~17:00、冬期休業。住所妙高市寸分道、TEL0255-75-2028

 

0609190001-2.jpg

狭いながらも楽しい浴室。窓を開ければ景色が広がる。

 

0609190002-2.jpg

寸分道へたどりついてほっとし、いざ湯へ入るぞとかまえた5人

 

0805190005-1.jpg

夕暮れの外観。

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得