角間天狗の湯・傳習館

2009年01月10日


0901080004-1kakumatengu.jpg

志賀高原の入口、山ノ内町にある角間天狗の湯は2008年9月27日にオープンしたそうです。大変身しました。
と言うのは、前身のとらや時代には何度も入りに行きました。「前は宿をやっていたのだけれど、日帰り温泉施設に変えたのです」。以前の経営者が話していたのが思い出されます。とにかく熱いお湯で、敷地のすぐ脇から湧いていて、湯温は何と90度以上。内湯に入るときもホースからお湯を入れないと入れないことがしばしばでした。あまり水を入れるとおかみさんに怒られました。
露天の場合は、積もった雪をどんどんお湯に投げ込み、投げ込んでいる間に体が冷えてはいかんと、冷えと熱い湯との戦いでした。何でそんな苦労をしてまでと聞かれれば、当時の高温浴がすごいのか何なのか、骨や肌に実によく効くのですよ!効能の素晴らしさにつきます。入った後は畳の休憩室でこたつに入り、食っちゃ寝し、飲んじゃ寝し、新聞や週刊誌を読んで日がな過ごしたものでした。
久し振りに行ってみると大変身、露天風呂も内湯も入りやすい湯温に代わっていました。加水はしていないそうですから、熱交換器を通して冷ましているのでしょうか。お湯がちょっとだけ、肌にピリッと刺すのは変わっていませんでした。サウナも付いています。館内には無線ランが配置され、自由に使えるノートブックが置いてありました。
写真は2009年1月8日の露天風呂です。大きくなった露天風呂は、これまた良い加減でした。
料金:大人500円、小学生300円、5歳以下無料。営業時間:10:00~20:00、サウナは15:00~。定休日:火曜日、住所:長野県下高井郡山ノ内町佐野2592-22、TEL0269-31-3454

 

0901080008-1kakumatengu.jpg

露天風呂側からガラス戸を通して内風呂側を見た様子です。右側に熱い湯をかんまわして冷ます棒があります。これは以前もありましたから、昔の遺物かな?

 

0901080001-1kakumatenngu.jpg

建物入り口のわかりやすい、しかし度胆をぬかされる目立つ看板です。癒しとは異和感があるけれど、まっ、はっきりものを言っている‥‥。

 

0901080002-1kakumatengu.jpg

外観です。いちばん左端が露天風呂の囲いです。

 

0901080003-1kakumatengu.jpg

玄関のディスプレー。

 

0901080013-1kakumatengu.jpg

脱衣場です。建物全体の大きさに比しては小さい気もします。

 

0901080011-1kakumatengu.jpg

角間天狗の湯の魅力をしっかり確かに記載していました。情緒的に良さを伝えるのではない、姿勢がはっきりしています。

 

0901080014-1kakumatengu.jpg

左が受付、通路の奥から右の方が宿泊棟です。

 

0901080015-1kakumatengu.jpg

マッサージ椅子の料金が16分で100円!中途半端な時間だけれど、安い!

 

0901080016-1kakumatengu.jpg
休憩室の利用は無料です。麦茶も出ます。親切なおばさんとかわいい子供が応対してくれます。何でも北海道の人だとか。

 

 

   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得