山田温泉大湯

2009年01月08日


090108001-yamadaoyu.jpg

山田温泉大湯は、全国温泉番付で確か横綱になったことがある天下の名湯です。長野県の高山村は数々の温泉に恵まれ、信州高山温泉郷と呼ばれています。山田温泉はその中心にあって開湯200年の歴史を持ち、そのまた中心にあって桃山風建築の壮麗さを誇るのが大湯です。
家から40~50分で行けるので長年にわたり何度も何度も入りに行ったのですが、いつも混んでいてなかなかお風呂の写真が撮れませんでした。今日はお昼過ぎに行ったら入っていた方は数人、やっと写真に収めることが出来ました。あー嬉し!
熱めの塩分泉が湯口からどんどん注がれています。熱過ぎるので加水していますが、程よい湯温になり、とてもよく体が温まります。熱いのが苦手な子供でも大丈夫です。朝風呂はは6時から入れるなんて、何と幸せなことでしょう。
料金:大人300円、小・中学生150円、営業時間:6:00~21:00、休日:第3水曜日、駐車場は、100メートル位先に村営の無料駐車場があります。 住所:長野県上高井郡高山村大字奥山田3580、TEL026-242-2314。

 

090108003-1yamadaoyu.jpg

入口の堂々とした構えです。

 

090108004-1yamadaoyu.jpg

入浴券は券売機でお求めください。右が女湯、左が男湯です。

 

090108007-1yamadaoyu.jpg

脱衣場です。

 

090108008-1yamadaoyu.jpg

内部はすべて木造り、桶も椅子も伝統そのままです。大きな湯船で足を延ばしても、向こう側には届きませんから余裕しゃくしゃく。向かって右端が湯口ですが、その対面部分だけ3~4人が座れる階段状座席が一段隠れています。そこに座ると、私の場合でお湯がへその上程度の高さになります。 他の場所は座ると胸の上くらいがお湯の線です。
湯口のそばは当然熱い。熱いのが好きで、長く温泉に浸かりたい人は階段に座るのでしょうね。ちょっとした工夫が凝らされているのがうれしい限りです。 洗い場は左の奥です。石鹸、シャンプーの類は共同浴場ですから当然置いてありません。

 

090108010-1yamadaoyu.jpg

明かり採りと湯気を逃がす窓が、天井の上高くに大きく設けられています。私が最も好きな、日本の温泉建築です。建物を湿気から保護し、開放的な空間が醸し出す雰囲気は、露天風呂とは全く違う温泉の良さを味わうことが出来ます。露天風呂も好きですけれどね。

 

090108012-1yamadaoyu.jpg

湯船を奥の方から撮りました。奥に見える×印の木組みの向こうがぬる湯です。

 

090108015-1yamadaoyu.jpg

ここはぬる湯です。

 

090108016-1yamadaoyu.jpg

番台の上に効能表が掲げられていました。源泉名は、元湯・わなば混合泉と書かれています。

 

関東甲信越の温泉 │ [ ↑ ]

まだらおの湯

2009年01月08日


0701280010-1.jpg

まだらおの湯は、上信越自動車道・豊田飯山ICから信濃町方向へ向かい、途中から右折し、斑尾高原豊田スキー場のそばです。単純アルカリ温泉。大浴場、サウナ、露天と三つあり、夜は割引料金になるのが人気です。というわけではないのですが、まだ私は夜しか行ったことがありません。 料金:大人500円、中学生350円、小学生200円。18:00からは300円、250円、100円に割引となります。営業時間:10:00~21:00、冬季は10:00~20:00、定休日:火曜日、住所:長野県中野市大字永江8156-649、TEL:0269-38-3000

関東甲信越の温泉 │ [ ↑ ]
0805190000-1.jpg

寸分道と書いて、すぶんどうと読む。読めない!そもそもここへ向かうことになったきっかけは、近所の知り合いから「面白い温泉があるわよ」と、聞いたからなのでした。
夏が過ぎ、暇になったのでみんなで遊びに行こう、海がいい、温泉も行こう、行ったことのないところへ!とあいなりまして、妙高市の国道18号線から山へどんどん分け入ったのでした。道は段々に細くなり、車一台がやっと通れるくらいのところもあって、本当にこれでいいのかな?と心配しながら上がると、正に過疎の集落に突き当りました。
どれが温泉の建物だろう?あっちへ行き、こっちへ行きしてやっと見つけました。浴室は一つで、男女交代で入ることになりました。加熱ですが、ほんのり硫黄臭がし、肌がすぐにすべすべになりました。これはつるつる温泉だ、と喜びましたね。だいぶ前に入った、北海道のつるつる温泉を思い出したりしながら、窓から外を見ると下界が広がり、実にここは山奥であると実感しました。
1キロメートルくらい先の山から温泉(冷泉)を引いていると、おばさんは言っていました。和室で休憩し、漬物やお菓子を食べながらいろいろと話を聞きました。今は3世帯しかこの集落には人がいないそうです。雪は深いけれど、それでも除雪するので里へは出られるとのことです。ここは都会の喧騒に疲れた人にはうってつけです。何もありません。山里、それも消え入りそうな山里です。山菜をつまみ、ごろんとして、つるつる温泉につかる。いいものですよ。
泉質:含硫黄ナトリウム塩化物泉、料金:300円、営業時間:10:00~17:00、冬期休業。住所妙高市寸分道、TEL0255-75-2028

 

0609190001-2.jpg

狭いながらも楽しい浴室。窓を開ければ景色が広がる。

 

0609190002-2.jpg

寸分道へたどりついてほっとし、いざ湯へ入るぞとかまえた5人

 

0805190005-1.jpg

夕暮れの外観。

関東甲信越の温泉 │ [ ↑ ]

裾花峡温泉うるおい館

2009年01月07日


0803190007-1.jpg

長野市内、県庁横から裾花川沿いに上流へ少し上がったところにある本格的な温泉です。大きな建物です。露天風呂も大きく、大人数で出かけても心配ないくらいです。成分は2種類あるとのことで、ナトリウム塩化物温泉と、含硫黄ナトリウム炭酸水素塩硫黄塩冷鉱泉という、舌を噛みそうなくらい長~い泉質です。ことに含まれている成分の量が多いのが自慢のようです。
湯温も丁度良く、岩に頭を乗せ、ゆっくりつかっている人が何人もいます。私もご多分にもれず、いつも目を閉じ閉じの長風呂です。
ところでこの施設は巨大で、マッサージ室から福祉風呂、宿泊、宴会、レストランに至るまで何でもござれです。となると通常はのんびり湯につかる、ローカルな雰囲気ではないのですが、ここはちがう。経営の姿勢はそのままに表れるものです。私はローカルな味わいこそ好きなのです。
料金:大人650円、子供300円、幼児150円、2歳以下無料です。営業時間:10:00~23:00と長く、遅くに入りに来る人もたくさんいます。 住所:長野市妻科98、TEL:026-237-4126

 

0803190003-1.jpg

露天の右奥に打たせ湯があります。

 

0803190002-1.jpg

こちらは露天の左側奥方向です。これだけ横に長いのですが、うなぎの寝床とは呼べません。なぜならこんな太ったうなぎはいないからです。でも、この露天は太っているので、対面で座ることも差し支えありません。

 

0803190008-1.jpg

内湯もゆったりしています。

 

0803190009-1.jpg

効能表です。

 

0803190001-1.jpg

玄関入り口です。でけーと、思わず見上げます。

 

関東甲信越の温泉 │ [ ↑ ]
081119016-2ogawa.jpg

久し振りに訪ねてみました。新しい大きな、立派な建物に変わっていて腰を抜かしそうになりました。以前出かけたのは27~28年前くらいだったかな。社員旅行でみんなで行きました。
古い湯治部門の建物と、新しいホテル部門がつながっていました。ホテル部門に泊まり、湯治部門へ遊びに行きました。演芸を上演できる部屋があり、そのとき は一座はいませんでしたが、湯治で逗留すると娯楽はこうやって楽しむのだなと、感心した覚えがあります。古い建物だけれど清潔でした。泊まったホテルの部 屋もきれいで、お料理もおいしかった。
社員の一人が悪い人に酒を上手に進められ続け、その後悪酔いでトイレにこもりっきりになり、ひどい目にあったという逸話が残されました。悪役はエミリー、善玉はトドの冗という配役でした?
という昔話はさておき、新築豪華に変わっても清潔さ、親切さ、心配りは昔ながらのままで、この宿は今も人気があるのだな~と思いました。お湯だけ入りに 行ったので、まずは露天の岩風呂に行きました。川を見下ろし、屋根が半分せり出した作りが風流で、長湯をしてしまった。ちょっとぬるめでした。次に大浴場 へ行きました。ここは十分に暖かい湯温でした。その隣に檜おけの露天風呂もありました。
館外へ出て7~8分歩く洞窟露天ぶろは、冬季はお湯がぬるくなりすぎてお勧めできないとのことであきらめました。以前は入りましたが、真っ暗な中で浸かり、星がきれいだったような、見えなかったような‥‥記憶は忘却のかなたです。
料金:1,000円、この料金には本館と露天の洞窟風呂すべてが含まれます。洞窟風呂のみの入浴料は500円です。泉質:炭酸水素塩泉、入浴時間:17:00までのようです、定休日:なし、住所:富山県下新川郡朝日町湯の瀬1、TEL:0765-84-8121

 

081119020-2ogawa.jpg

大浴場の隣にある檜風呂です。

 

081119006-2ogawa.jpg

こちらは離れた方にある、露天の岩風呂です。お風呂はどれも川に面して設けられています。

 

081119009-2ogawa.jpg

岩風呂はぬるめだったので、長時間浸かりました。

 

081119012-2ogawa.jpg

貸切の時間帯があると書かれていました。

 

081119014-2ogawa.jpg

温泉効能表を撮影しましたが、ちと分かりづらかったか。

 

中部・関西の温泉 │ [ ↑ ]

小赤沢温泉・楽養館

2009年01月07日


0810290012-2koakazawa.jpg

白いタオルは赤さび色に染まります。お風呂に浸かると自分の手足が見えないくらい濃い色です。ぬるめの湯ですが、丁度良いと言えばちょうどよいくらいの適温だと自分は感じます。
木造の建物が、これぞ日本の温泉と思わせる造りで、高い天井が何ともいえず開放感があります。頭を湯船の脇に乗せ、目をつむったり、ときおり天井やら外を眺めている雰囲気、十二分にゆっくりお湯につかることこそ、小赤沢温泉の真骨頂です。ゆめゆめ急ぐなかれですよ。
料金:大人300円、泉質:塩化物泉、営業時間:10:00~20:00、定休日:8、10月を除く水曜日、住所:長野県下水内郡栄村小赤沢、TEL0257-67--2297

 

0810290017-2koakazawa-tate.jpg

天井が高く日が差し込み、湯気が出て行きます。日本の温泉建築は素晴らしい。

 

04090305-2koakazawa.jpg

別の時期、9月に行った時の様子です。

 

04090304-2koakazawa.jpg

男湯の入り口です。

 

関東甲信越の温泉 │ [ ↑ ]

若槻温泉

2009年01月07日


0803070014-2wakatsuki.jpg

 

長野市内にある若槻温泉は、小振りな施設ですが味のある温泉と言えます。若槻大通りを牟礼方向へ走り、山が左手に迫ってくると、そのちょっと小高いところにあります。住宅街の中を通っていくのでちょっとわかりづらいけれど、標識に従って行きます。
温泉施設らしくはない外観です。中へ入って見るとやや雑然とした、しかし親しみのもてるロビーがあります。内湯は湯気でいっぱい。茶褐色の塩化物ナトリウム温泉がとうとうと出ています。
住所:長野市若槻東條1300-3、料金:500円、営業時間:11:30~20:00、定休日:毎月21日、TEL026-295-4546

 

080307011-2wakatsuki.jpg

 

内風呂の窓ガラス外側に露天風呂があります。五角形の変わった形です。

 

関東甲信越の温泉 │ [ ↑ ]
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All
   

 

カテゴリー

アーカイブ

広告

 

このブログのフィードを取得